大アルカナ

タロットカードは、大アルカナ22枚と小アルカナ56枚の計78枚で成り立っています。このタロットのカードのことをアルカナといい、そこには「秘密の教え」という意味がこめられています。それは、カード1枚1枚の構図と配色に秘密があるからです。それぞれのカードの絵柄とその組み合わせを読み解くことで、いろいろなことを解読することができます。

78枚のすべてのカードを使って占う方法と、22枚の大アルカナだけを使って占う方法があります。

占い師のなかにも、78枚すべてを使う占い師と、22枚だけで占う占い師がいます。

22枚で占いをする人のなかには、小アルカナは必要ないという人もいます。

78枚で占いをする人のなかには、すべてのカードを使うことで細かくみることができるという人もいます。

78枚でも、22枚でも、どちらでも解読はできます。

ここでは、強い意味を持つ大アルカナについては1枚ごとに説明をし、小アルカナについてはワンド・ソード・カップ・ペンタの4つに分けて説明をしています。